TOP > 金利据え置きはインフレ抑制しない可能性=米地区連銀総裁
 ← 佑ちゃん「抗体あり」で早慶戦OK | TOP | 石川“初試験”の後に関東アマへ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


金利据え置きはインフレ抑制しない可能性=米地区連銀総裁 

2007年05月23日 ()
【送料無料】本場岐阜提灯の二重袋木製高級行灯お盆提灯 「11号漆塗絹二重絵:庭園菊萩」春第2弾5
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000841-reu-bus_all
 [ワシントン 22日 ロイター] 米リッチモンド地区連銀のラッカー総裁は22日、コアインフレは依然高過ぎ、インフレを低下させるには、長期間の金利据え置きでは不十分な可能性がある、との認識を示した。
 総裁はCNBCとのインタビューで、現在のフェデラルファンド(FF)金利が将来のインフレ低下につながるかとの質問に対し、「現行の金利は今のところインフレ低下に向けた備えになっている」と指摘。「年内にしなければならないことについて聞かれると難しい。もし今後2年間でFFレートを現行水準に据え置くことで、(インフレ低下に)つながるかとの質問であれば、私はそうは思わない」と語った。
最新経済情報は・・・経済ランキング

 
 またコアインフレは過去数年間2.0─2.5%の伸びで推移しているが、1996─2003年は1─2%の伸びだったと指摘。「われわれはコアインフレを1─2%の間に戻していく必要がある」とし、「インフレ上昇にともないインフレ期待も上昇していると考えられる。伸びが2%近辺にとどまっているとみられることについて、個人的に大変懸念している」と述べた。
 ラッカー総裁は、第1・四半期の経済成長率が年率1.3%に減速したことについて、現在の景気循環のなかで低い水準となるはずだが、住宅セクターは低迷しており、回復までになお数四半期かかるだろうと指摘した。
 さらに「企業の投資は第4・四半期に弱い局面となったが、ファンダメンタルズは良好で、今後回復に向かい、先行きの力強さの源になるとの展望がすべての兆候からうかがえる...

ニュースの続きを読む


【送料無料】本場岐阜提灯の二重袋木製高級行灯お盆提灯 「11号紫檀絹二重絵:菊金かすみ」春...


◆経済関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆経済関連の無料のレポート情報
日本人の「お金」に対する意識を変える

    
   日本人の「お金」に対する意識を変える

 日本人の「お金」に対する意識には、日本人特有の偏見があるので、
その意識が強い人ほど「お金」に嫌われ、いつまで経っても「お金」は
貯まりません。

 良識のある人、お…

ネットをあなたの「自動販売機」にする方法

インターネットで本当に稼げている人は全体の5%ほどといいます。でも、インターネットほど、稼ぐしくみを自動化できるツールはありません。要は、方法を知っているか知らないか、それだけのことです。寝ている間にもチャリンチャリンとお金がたまっていく「…

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.23(Wed) 09:13] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 佑ちゃん「抗体あり」で早慶戦OK | TOP | 石川“初試験”の後に関東アマへ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog002072.blog103.fc2.com/tb.php/176-35bed9e2
 ← 佑ちゃん「抗体あり」で早慶戦OK | TOP | 石川“初試験”の後に関東アマへ

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。