TOP > ECB理事会後のトリシェ総裁の発言要旨
 ← コアインフレは緩和、注意深い監視必要=米地区連銀総裁 | TOP | NY株、急続落=利上げ観測を嫌気〔米株式〕(6日)☆差替

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ECB理事会後のトリシェ総裁の発言要旨 

2007年06月07日 ()
通常価格 207,900円≪あこがれ白大島フェア!≫白大島【中川織物】伝統的工芸品本場大島紬7マル...
 [フランクフルト 6日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)定例理事会後の会見でのトリシェ総裁発言要旨は以下のとおり。
 ECBは6日の理事会で、主要政策金利である定例買いオペの最低応札金利を0.25%ポイント引き上げ、4.00%とした。 
 <緩和気味、潤沢な流動性>
 資金調達の環境は全般的に好ましく、マネーと信用の伸びは力強く、ユーロ圏の流動性は潤沢で、ECBの金融政策は引き続き緩和気味(on the accommodative side)となっている。
 <物価安定への上向きリスク>
 今回の決定は、ECBの経済・金融分析を通じ、中期的に物価安定への上向きリスクが広がっているとの見方が確認されたことを踏まえている。
最新経済情報は・・・経済ランキング


 今日の決定は、ユーロ圏の中・長期的インフレ期待がしっかりと抑制されることを確実にすることと、物価安定の確保に寄与する。
 <注意深く監視>
 今後については、中期的な物価安定を確保するため断固として適切な時期に行動することが必要だ。理事会は中期的物価安定をめぐるリスクが具体化しないよう、すべての動向を注意深く監視(monitor closely)する。
 <物価動向>
 上昇基調を示している現在の原油価格および原油価格先物を考慮すると、年率換算のインフレ率は数カ月以内にやや低下し、年末にかけて再びやや上昇する見込み。 
 <マネーと信用の伸び>
 力強いマネーと信用の拡大ペースは、好ましい資金調達環境や堅調な経済成長を部分的に反映している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


通常価格 207,900円≪あこがれ白大島フェア!≫白大島【中川織物】伝統的工芸品本場大島紬7マル...


◆経済関連ブログ記事
50歳からの病気にならない生き方革... - 薬剤師が実践する一人で出来るコリ・... (6月7日2時22分)

「お天気ナビゲータ」で光化学スモッ... - 携帯電話どっとcom (6月7日2時20分)

【中国】荏原製作所:水と空気と環境... - 快適生活!風水とインテリア (6月7日2時16分)

銀行融資 - 融資情報 (6月7日2時16分)

フロン魔女裁判第三回目 - 環境問題の科学 (6月7日2時15分)

萌え メイド - メイド カフェ (6月7日2時13分)

インドネシアのナンバープレート(2... - 現代インドネシア事情 (6月7日2時13分)

いりこっこ倶楽部、第65回目です。 - 魅惑のいりこっこ倶楽部へようこそ (6月7日2時11分)



◆経済関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.07(Thu) 08:35] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← コアインフレは緩和、注意深い監視必要=米地区連銀総裁 | TOP | NY株、急続落=利上げ観測を嫌気〔米株式〕(6日)☆差替

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog002072.blog103.fc2.com/tb.php/330-b42d7b61
 ← コアインフレは緩和、注意深い監視必要=米地区連銀総裁 | TOP | NY株、急続落=利上げ観測を嫌気〔米株式〕(6日)☆差替

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。