TOP > 小田実さん
 ← ロン龍 | TOP | 丸川珠代 結婚

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


小田実さん 

2007年07月31日 ()
【追悼】小田実さん死去。生前、パブリック・ジャーナリズムの方向性語る
PJニュース
写真は作家の小田実氏。小田実氏は愛妻玄順恵さんを「人生の同行者」と呼称される。玄順恵さんは、「人生の痕跡を抱きしめながら、自由な個人こそ世界人」と主張され、朝鮮半島や日本、長期滞在した中国やドイツなどの自身の経験から、世界観や歴史の全体像を知る重要性 ...(続きを読む)


「何でも見てやろう」から「べ平連」小田実 死去
オーマイニュースインターナショナル
小田実さんの視野の広がりは、世界旅行記「何でも見てやろう」から始まったと聴く。 評論「日本の知識人」も、古代ギリシアと現代インドに対比させて書かれた「日本論」で、井の中の蛙になりがちな島国の視点を覆すものであった。 飢えと空襲の太平洋戦争体験、男女共学 ...(続きを読む)


小田実さん死去 反権力、市民運動貫く
中日新聞
三十日に亡くなった小田実さんを思うとき、かつて兵庫県西宮市の自宅で聞いた一言が思い浮かぶ。 浜辺に近い自宅からは、阪神大震災で崩壊し原因の究明もないまま撤去された阪神高速や、雪印食品の牛肉偽装を告発して苦境に陥った西宮冷蔵の倉庫などが一望できた。 ...(続きを読む)



何でも見てやろう
小田実さんが亡くなりました。 私が「何でも見てやろう」を読んだときはすでに海外とかかわっていましたが、それでもその後の行動に少なからず影響を与えた一冊でした。そして、それは今も変りませんし、今後も変らず生き続けていくでしょう。 ...(続きを読む)


「小田実さんが死去」
⇒作家・市民運動家の小田実さんが死去 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) まあ、感慨はありますよ。(続きを読む)


小田実
<訃報>小田実さん75歳=作家 好きだったんですが、、。残念です。 RIP...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.31(Tue) 22:05] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← ロン龍 | TOP | 丸川珠代 結婚

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。